IT機器の普及と職場での活用法について

IT機器の普及と職場での活用法について
IT機器の普及と職場での活用法について

IT機器でキーボードは使えるようにしたいですね。

IT機器を使いこなせると仕事の効率もよくなります。会社で多く使われているのはパソコンですね。パソコンは専用のソフトを入れれば、いろいろな操作が出来る画期的なコンピューターですね。パソコンの操作をするにはキーボードの操作が出来ないと操作がスムーズに行えないので、画面を見ながら文字を打てるようにすることが大事です。基本的には、文字の入力はローマ字入力で打つことです。中にはかな文字で打つということも出来るのですが、文字を打ちやすいのはローマ字なので、ローマ字で50音打てるようになることから始めるといいですね。打てるようになったら、濁点のつくものなどローマ字がわかっていればどんな文字でも打つことが出来るので、練習をするといいですね。

ある程度打てるようになったら、画面を見ながら打てるようになることが最終的な目標です。このうち方をブラインドタッチと言われていますので、出来るようになることが作業を早くする方法です。この打ち方が出来れば、文字の入力も断然早くなります。また、機種によっては数字だけがかかれたテンキーがあると数字の入力にも活躍できますね。操作が正常に出来ないと、エラーが出たりするので慣れるまでは、ゆっくりされるといいと思います。ここにはいろいろなキーがありますので、そのキーがどういった時に使うものなのか把握しておくといざ使う時に活用出来ますね。キーの色は黒で文字が白であったり、その逆などありますので、自分の打ちやすいものを選ばれるといいかと思います。

Copyright (C)2019IT機器の普及と職場での活用法について.All rights reserved.