IT機器の普及と職場での活用法について

IT機器の普及と職場での活用法について
IT機器の普及と職場での活用法について

IT機器での仕事はキーボード操作の基本を学ぶと早くなります

IT機器を上手に使う場合にキーボードの使い方は正しく学んだ方が良いでしょう。毎日のように使っているという人でも意外にその使い方がまるで分かっていないという人も多いです。まず日本語入力や英字入力の切り替え方をよく知らないという人もいます。使っている内におかしくなっていろいろなボタンを押している内に直るということをしている人がいます。これは正確に覚えておけば3秒もあればすぐに操作することができます。また何か文章を作っていてカタカナに変換する場合は必ずしも打ち込んだ単語がスペースで一発変換される訳ではなかったりします。そういったときにはファンクションキーの一つを押せば一発変換できます。しかしそういった機能があることを知らないで何回もスペースキーを押してカタカナを探している人がいます。こういった例を見てもかなり時間をロスしているという人が数多くいます。

IT機器でキーボードを使うのは簡単だと思っている人でも基本的なことさえ知らないという場合が実は多いです。知らないけども使えるというのは事実ですので、もっと早くパソコンの仕事を済ませたい、またはそういう必要があるという人は基本的なところから取り組むべきでしょう。まずは机を整理したり、心構えを学んだりというように遠回りする人がいますが、仕事が遅い原因というのはキーボード操作が上級者よりも格段に遅いということが原因で仕事自体も遅くなっているという場合もあります。ちょっとしたことで詰まると10分や20分はそのことで仕事をする手が止まる場合も少なくありませんので是非キーボード操作の基本は抑えておくべきです。

Copyright (C)2019IT機器の普及と職場での活用法について.All rights reserved.